2010/08/08

秘湯めぐり

東北縦断3泊4日の旅を終えて帰ってきました。

「日本秘湯を守る会」のお宿をめぐり、
大変な思いもしましたが
そこで暮らす方々の優しさに触れ、
素朴で謙虚な暮らしぶりが垣間見えて学ぶ所がたくさんありました。
同じく都会の喧騒を離れて温泉で癒されている方々との触れ合いもあり
しばしのタイムスリップを楽しんできました♪

今日は写真がたくさんありますょ~

まずは山形県にある湯ノ沢間欠泉「湯の華」さんから。

  湯の華温泉 間欠泉

これはポスターですけどこんな風に上がるみたいです。
いつも出ているわけではないので私は見れなかった

  キノコ、山菜料理 岩魚のお刺身

山菜料理と岩魚のお刺身などどれも優しいお味で美味しかったな~。
初めて見るキノコもたくさんあって朝山で採ってきたとか・・・でも熊も出没するんだよ~

親子連れのお2人さんと仲良くなってそれもまた楽しかった。


2日目は岩手県松川温泉の「松楓荘」さんへ。
開湯267年、渓流沿いのひなびた宿ですがとても情緒があります。
でもお部屋は改装してあってとても綺麗でした。
今10代目なのだそう・・・
忙しい朝に珈琲を入れてくれた優しい女将さんです。

  松楓荘 みーちゃん

番猫さんですね。
捨て猫だったみ~ちゃんはいつの間にか住み着いてしまったそう。
靴下はちょっと長めなんですよ。

ここは硫黄泉。

  大瑠璃 洞窟風呂
          
部屋風呂最高~♪♪                趣のある洞窟風呂も混浴。


男女別の内風呂と露天の他にも混浴露天もあり
どれも乳白色の湯なのでとても気持ちがいいです。
平日だったので貸切状態で入れました。


前沢牛 イワナ

メインは前沢牛~。
でも岩魚の塩焼きや山菜、煮物など身体に優しいお料理ばかり。

ここも熊が現れているそう。
人間が開発するから里へ下りてくるしかなくて可哀想、と女将さんが言ってました。
後、ヘビは守り神としているので見かけても知らんふりしてね、と。
知らんぷりってなかなか難しいような・・・

夜は自然のクーラーと渓流の音楽を聴きながら眠りに・・・。



そして3日目は、青森県の十和田湖と奥入瀬渓流を見てから秋田県の宿へ向かいました。

  十和田湖

  ポストカードみたい^^♪ 乙女の像
  津軽りんごソフト~ 奥入瀬渓流

津軽りんごソフト酸味もあって美味しかった~♪
もちろん初十和田、奥入瀬に感動しまくりのリックであった。


最後の宿は秋田県乳頭温泉郷にある「鶴の湯」さんです。
ここは開湯350余年、とても人気のある秘湯でなかなか宿も取れないらしい・・・
食事しながらお話していたら皆に驚かれた。
そこを予約したのは前日、しかも車の中だったから。笑

さすがリック。


ここは茅葺の屋根、囲炉裏など350年前のたたずまいそのままの古い湯宿。
今でこそ電気もきていてランプの灯りもありますが
でもテレビも扇風機もない、本当に自然を大切にしているお宿です。
大自然の雄大さは写真では伝わらないけれど、少しだけご紹介しますね。

疲れたので続きは明日です~。

お出かけ